平屋と太陽光とDIYのブログ A-1GROUPで建てました。

平屋での暮らし、育児とDIYとかを紹介、猫率高め

建築会社や間取りの決め方など

住宅関係の会社を決めるときにワタシが心がけていたことを書いてみたいと思います。ちょっときをつけるだけで避けられるリスクもあるので、そんなのはさけてしまいましょう。


f:id:tt2arrow:20190224090715j:plain

建築会社の決め方

 建物の値段が安かったり豪華なカタログを用意しているメーカーもあります。実際にカタログなどは各会社でようきしてあると思いますので請求して大体は建物の雰囲気はつかめると思います。建物の値段ですが、宣伝の値段と実際にたてた値段が全然違うなんてことは有名な会社でもざらにあることなんです。(a-1はありませんでした。)実際に総額で見積もった金額を教えてもらってから会社にいったほうが無駄な時間を使わなくてすみますね。せっかく休み潰して出掛けていってガッカリするなんてもったいないてますからね。あとは営業さんの雰囲気はは大事ですよ。人の話を聞かずにグイグイと話を進めていくところはやめたほうがいいですね。住宅基礎展示場にはそういうひとが多かったかな。あとはたてた人から直接お話を聞けるところだとなおよいですね!

間取り


 ほとんどの人はいかに家を無駄なく使うか考えると思います。なので間取りは重要ですね。部屋の真ん中に階段とかあったらジャマですし、冬なんか温かい空気が逃げてしまいますよね。階段のしたなんか収納スペースくらいしかつかいみちがなくてそのぶん部屋が狭くなります。リビングが南向きに広く取れる間取りをオススメしますよ。子供部屋は北側でもいいと思います。あとお風呂場とトイレも。寝室は南側のほうが朝気持ちがよいのでオススメしますよ‼

無駄のない動線


 間取り内容が少し被りますが、一階で洗濯して二階までもっていって干すのはめんどくさくないですか?スペースの関係もありますが、一階で洗って一階のリビングのベランダなり、デッキで干すのが楽でオススメしますよ。あと収納ってそんなにいりますか?無駄なものは置けない程度の収納スペースでよくないですか?収納スペース分、広く取れる部屋を使えますよ。
家族の顔を見る

 ウチは子供部屋はリビングを通らないといけない動線を取りました。子供が帰ってきてすぐに自分の部屋にいけないようにしたんです。嫌でも顔を会わせますからね。
ひきこもれないように

 何かで読みましたが、家族と顔を会わせない間取り(玄関→階段→自分の部屋)の間取りが引きこもりになりやすいまどりなんだそうですよ。やっぱり家族と顔を会わせなくてもよい間取りはよくないですね
逃げやすい

 なにをいいたいかというと平屋のメリットです。火事でもにげやすですしね。でも二階に寝てたほうが安心なのかな?!平屋ブログ的には認めたくないですな(笑)

まとめ


 家族が顔を会わせるまどり、子供部屋をあんまり快適にしない(引きこもり防止)収納スペースを作りすぎないことが大事だと思います。私の意見ですから、こんな意見もあるんだなぁと流してくださいね。

追記

建ててから一年以上すぎましたが現在も特にトラブってたりすることはありません。テレビニュースでも建築途中で工事が止まってしまう業者もあるみたいなので事前の確認は本当に大切です。以前甘いことばで
ローンを組ませようとしてきた業者さんは元気にやっているのだろうか?(元気にやっていると困る(^_^;))住宅ローンは住宅関係だけてますので、関係だないローンをまきこんでしまうのはまずいデスヨー。そんのの勧めてくる業者は避けといた方が無難です。太陽光も甘いことばばっかりいってくる業者もやめといた方がよいですね。当てにしなくて良かった。(ウチはだいたいa-1の予測どうりの売電です。)