平屋と太陽光とDIYのブログ A-1GROUPで建てました。

平屋での暮らし、育児とDIYとかを紹介、猫率高め

外壁材(ニチハ)

ニチハモエンエクセラード16

f:id:tt2arrow:20190113230427j:image

↑の画像はサンプルです。

モエンエクセラード16
フラーグSP
ブレスSMGホワイト
ERA941N

在庫なくなりしだい終了みたいですね。色と質感がとても気に入りました。外壁二種類使う予定でしたがシンプルにしたくなり一度決めた物を変更してワンパターンにしました。快く変更させてくれた担当さんに感謝します❗本当はこの外壁材はa-1標準のよりもグレードがあがり料金が上がるかな?と心配していましたがなんとかうまくやっていただけました。(ニチハさん感謝)

↓ニチハさんの紹介です。


f:id:tt2arrow:20190113231812j:image


f:id:tt2arrow:20190113231827j:image

【ニチハ公式HPより引用 http://www.nichiha.co.jp/

『モエンエクセラード』は窯業系サイディングの商品です。こちらの商品にもすべてマイクロガードが施されています。

厚さは18mm厚と16mm厚のラインナップがあり、中でもフュージェとグリニッジという商品はニチハの新工法である「ドライジョイント」に対応しています。

タイルやレンガ調のデザインバリエーションの豊富さが特徴です。

ニチハの「ドライジョイント工法」とは?
サイディング材同士の継ぎ目は、通常シーリング材で隙間を埋めて仕上げます。このドライジョイント工法は、継ぎ目を限りなく目立たせずに仕上げる工法です。以上ニチハhpより

 

 窯業系サイディングとは

 

通常、シーリングは年数の経過と共に劣化しますので、外装材とは別にメンテナンスを行わなければなりませんが、このドライジョイント工法であれば、シーリング部分のメンテナンスを減らす事ができます。よって、メンテナンス費用を抑えつつ、外壁を長持ちさせる事ができます。サイディングは材質もデザインも種類が多いため、どんな雰囲気も作り出せる点が魅力です。工場で大量に作られた板状のサイディングを現場で外壁に並べていくため、職人の技術力にそれほど左右されることがありません。誰が施工しても一定以上の品質を期待できるというメリットがあります。色や柄も豊富なため、好きな色や柄を見つけやすい点も人気の理由です。継ぎ目ができやすく、目地の部分がサイディング本体よりも劣化が早い点がデメリットですが、継ぎ目部分のメンテナンスに気を付ければ、長持ちする外壁材です。他の工法に比べ施工が速く値段も高くないため私は窯業系サイディングを選びました。

他に悩んだ外壁材ガルバリウム

 見た目が都会的だったので最初はガルバリウムにしようかとも悩みましたが、ぶつかると凹みやすいというのは話を営業さんから聞いてやめました。


家を建てる際に特に重視したい部分に外壁があります。外壁にはこだわらないという人もいますが、それでは住み始めてから後悔するかもしれません。外壁は周りからもよく見える部分です。どんな家かという印象を与えるのが外壁ですから、慎重に素材選びや色選びをしましょう。特に、外壁材の機能はそのまま家の機能にも直結しますから、その点でも素材選びはおろそかにできませんね。

サイディングは材質もデザインも種類が多いため、どんな雰囲気も作り出せる点が魅力です。工場で大量に作られた板状のサイディングを現場で外壁に並べていくため、職人の技術力にそれほど左右されることがありません。誰が施工しても一定以上の品質を期待できるというメリットがあります。色や柄も豊富なため、好きな色や柄を見つけやすい点も人気の理由です。継ぎ目ができやすく、目地の部分がサイディング本体よりも劣化が早い点がデメリットですが、継ぎ目部分のメンテナンスに気を付ければ、長持ちする外壁材です。

都会的なイメージを醸し出すガルバリウムは、特殊なメッキを施した金属製の外壁材です。防水性と防食性に優れているため、すっきり水洗いもできます。ガルバリウムはパーツに分かれていても、並べたときに継ぎ目ができない点が魅力的です。スキマから浸入した水によって躯体が傷む心配もありません。傷に強い塗装を施したガルバリウムを外壁に選べば、長期に渡って美しい状態を保つことができる点が魅力です。色もシルバーやブラックだけでなく、バリエーションがあります。デザイン性は高くありませんが、ピッチの違いで雰囲気を変えることは可能です。

 一年たちましたがコーキングのところ意外はほとんど汚れがついていません。北側の日当たりがよくないところでもコケなどかついていないので、メンテナンスがとても楽です、まだ外壁を掃除したことはありません。年に一度は脚立を出すことになるだろうと覚悟していたのでうれしい誤算になりました。コーティングの問題もあるのであんまり擦ったりしないほうがいいみたいですね❗

 そういえばa-1で見せて頂いた家もガルバリウムでした。たまたま見かける家もガルバリウムが多いのでやっぱり人気があるのだろうと思います。正直今でもちょっと迷ってるかなというのはありますね。ちなみに屋根の素材はガルバリウム鋼板です。耐久性があるのと、劣化がすくないのでシルバーを選びましたね。(話が脱線しました、スミマセン)

   まとめ

 外壁材を選ぶならニチハをオススメします❗カタログが分厚いので早めに悩むのが吉❗

サンプルも頼みすぎるとかなり重たくなります(笑)

 

進化する外壁材

進化する外壁材