平屋と太陽光とDIYのブログ A-1GROUPで建てました。

平屋での暮らし、育児とDIYとかを紹介、猫率高め

基礎パッキンの役割


家がたつ

 と実感が沸くのは↓のような足場が組まれてからからじゃあないでしょうか?

 しかし工事はここからが早かったですね。

f:id:tt2arrow:20190110144133j:image

資材がどんどん届きます。


f:id:tt2arrow:20190110144225j:image

 影が写ってる(^^;

f:id:tt2arrow:20190110144308j:image

 ちょっと足場にのぼったりして、、土台の上に乗っている黒い板が見えますか?基礎パッキンです。

 

基礎パッキンについて

 ちょっと雑学です。 wikiより。

 

基礎パッキンの名称は住宅金融公庫仕様書内で使われる名称で、代表的な城東テクノ株式会社の商品名「キソパッキン」と区別される。厚さは主に20mmの物が主流。基礎と土台の間に隙間をつくることで、床下の換気を良くするために用いられる。旧来より基礎の一部を高く作り、土台と基礎との接地面積を減らし、また床下空間の通風を確保するためにねこ土台という手法が行われてきたが、これをプラスチックで製作し、商品化したものが基礎パッキンである。

使用にあたっては、虫の侵入やクモの巣による通風空間の閉塞に注意が必要である

 


 基礎について私なりの知識です。
住宅の基礎は、基礎の内側の前面をコンクリートで覆うべた基礎と従来からある地面が剥き出しのものに分かれます。


 地面が剥き出しのタイプは乾燥のため通気孔が必ずありますが、べた基礎のほうは、通気孔があるもの、基礎と家の土台との間に隙間を設けて風を通すもの、基礎と家の土台とが密閉のものに分かれます。


我が家は外断熱工法なので密閉型です。もし、外断熱といって、基礎が密閉でなければそれはまがい物です。地面が剥き出しの場合は、基礎内に入った虫が死んだ場合には土壌中の微生物により分解されてやがて姿を消すのですが、べた基礎で通気孔や隙間がある場合には、そこから入った虫が基礎内で死んだ場合は、ミイラとなったまま、人が掃除して取り除くまではずっと基礎の中に残留することになるので要注意です。


また、密閉の場合は床下換気が必須ですが、業者さんによっては標準ではない場合があるようなのでこれも要注意です。べた基礎にすれば、シロアリは絶対にこないという業者さんもいますが、シロアリは数で勝負してくるようなのでコンクリートがあってもめげずに攻めてくるようです。

 シロアリに対しては、完全な予防策はなく、定期的な検査をすることが必須のようです。

 基礎は、深さや幅、コーナー部分の補強の有無などさまざまですが、基礎にかかる駆体等上の部分の総重量がどうなるかによって変わるようなので何がよいかは一概には言えないようです。

 同じ木造住宅でも、コンクリートを敷き詰めた床暖房を取り入れているメーカーは他の木造住宅よりも基礎ががっちりしていますし、鉄筋コンクリートの家と木造でも重量が異なりますので、これによっても基礎の考え方が異なりますね。


 そのメーカーがどのような考えでその基礎にしているのかをしっかりとたずねて見ましょう理論だった回答がなければ、その業者は深くは考えて設計していないということです。

 地面が剥き出しのタイプでも基礎内にコルクや活性炭を敷き詰めるとシロアリによいといったりして施工している例も見受けられますが、シロアリはなんと活性炭もえさにできるのでこれも要注意です!


 その土地の気候に合ってなければ、かえってこのような工法は問題があるかと思われるようです。

地面むき出しタイプの場合は、木造だと基礎と家の土台との間にパッキンをかまさずに直接基礎の上に木を載せる場合には結露して木が腐りやすいので要注意です。

 密閉型の場合でも防水シートを挟んで木を載せているかどうかを確認したほうがよいみたいですね。

 私としては、密閉で床下換気があり、基礎の両側にしっかりと断熱材があり、防水シートも張られ、基礎ののコーナー部分が補強されているタイプが良いと考えこれを選択しました。
 結果、正しかったかどうかは10年ほど住んでみないとわかりませんが、、

 

 これから家を建てられる方は外見や内装の派手さに囚われず基礎や躯体の構造がどのような方針でそうなっているのか納得いくまで説明を受けることをお勧めします。
内装のリホームは簡単ですが、基礎や躯体は簡単にはいきませんよね...