平屋と太陽光とDIYのブログ A-1GROUPで建てました。

平屋での暮らし、育児とDIYとかを紹介、猫率高め

なぜ太陽光パネル付きにしたか

 

太陽光パネルの必要性

家を建てるにあたって太陽光パネルをできるかぎりのせたいと考えました。余剰売電でローンを軽くしたり災害時に電気が使えるのは非常に有難いと思っていました。実際に導入してみたところ光熱費はかからず、上下水の費用は充分賄えております。
f:id:tt2arrow:20190101212005j:image 

 

 太陽光パネルの搭載量

できるだけ乗せたい!と思っている人はいないでしょうか?ワタシもそう考えていました。実際に乗せたのは9.72kwになります。

 13キロぐらい乗せたいな😃 

 

 予定よりも減らした

今思うとやめておいて良かったです。

ちなみに、うちの屋根だと13kぐらいは乗るスペースが十分にあります。そのための片流れ屋根です。

 

 なぜ減らしたのか?

営業のn口さんに余剰売電の方が買い取りが高いからと教えてもらったからです。 

 実際に売電は17000から20000くらいで安定しています。

 うちに乗っているパネルのメーカーはサンリッチという会社のメーカーです。

正直初めて聞く名前でした。

Sunrichで検索するとすぐ出てくると思います。新潟の会社のようですね!

 そもそも太陽光パネルとは? 

メンテナンスは必用ですが、半永久的に発電できるため導入するメリットが大きい。ただしパワーコンディショナーは10年程度で交換必用がある。10年程度で導入費用は回収できると見込んで載せることにしました。

 

 向いている屋根の形

これは断然方流れ屋根です。さらに平屋にすることで屋根の面積を大きくすることが出来ます。

 

 デメリットは何か?

平屋は二階建てにくらべコストアップ、土地の面積が二階建てに比べ必用になるため土地の取得費用がかかります。

初期投資は必要になりますが、長い目で見ると費用を回収できる見込みがあるので資金が準備できればオススメします❗

 ↓のようなものがあると非常時に助かりますよね❗

 

 片流れ屋根のメリット

コスト
 小屋裏空間(天井と屋根の間)を小さくすることで、コストを下げられる。ほとんどないんですよ、経済的です。

太陽光パネルを載せるスペースが稼げる。


 大容量の太陽光発電が設置できるます。

少しでもたくさん太陽光発電量を得るには、南面片流れ屋根が向いていますね。

 形


 軒がほとんど出ませんスタイリッシュです。箱みたいなお宅との相性もバッチリですよ!洗練されたカンジになります。

 

 ガルバリウム屋根とのマッチングもよい。

ウチの太陽光パネルはガルバリウム屋根にのせています。太陽光の取り付けが簡単みたいですよ!(穴をあけない工法)

 片流れ屋根のデメリット
デメリットもいくつかありますので、確認してみてください。

 片流れ屋根の雨漏り
片流れ屋根の最大のデメリットとは、雨漏り事例がとても多いそうなんです。

保険会社の調査では、新築雨漏り事故の75%以上が片流れ屋根だったと公表しています。
 軒がほとんどでていないので雨水のことを考えると分かりやすいですね。屋根から雨どいにながれますが、雨どいのない建物の裏側は壁に雨が流れますのでしっかりした防水対策が必要なんです。雨にさられている時間が他の屋根の形に比べてどうしても長くなってしまいますので、外壁材の選びかたも重要ですね❗

 まとめ

太陽光をたくさん載せるな方流れ屋根。雨対策は外壁材選びやしっかりした技術力のある工務店さんえらびがポイントになるかと思います。参考までに。